空き家管理のリスク

全国的に空き家が問題になっていますが、空き家を所有している方はそのリスクの認識も必要です。
建物の状態や環境にもよりますが、周辺地域に迷惑がかかることもあります。
ここでは空き家管理にかかるリスクを紹介します。

火災

空き家を所有されている方は、その建物を所有することによるリスクをしっかり認識しておく必要があります。
このような建物は、ただ所有しているだけでも多くの危険が発生します。
その一つが火災であり、テレビや新聞のニュースなどでも話題になっていますのでご存知の方も多いことでしょう。
火災は人が住んでいる建物でも良く起こりますが、普段人がいない空き家の方がリスクは高いのです。
その中でも多いのが放火や自然発火であり、発見が遅れると隣家を巻き込んでしまうことにもなりかねません。
また出火元が自分所有の空き家であれば、所有者は重過失を問われることもありますので注意したいところです。
所有者は火災がないか、常に管理点検を行うことが大切です。

倒木倒壊

空き家管理のリスクとして、倒木や倒壊も忘れてはいけません。
建物の敷地内に大きな植木などがある時は、管理ができていないと伸び放題になります。
またそのまま放置しておくと、その木や枝が隣家や車、通行人などに当たってケガをさせてしまうこともあります。
また誰も住んでいない建物は劣化が早いので、そのまま倒壊する恐れもあります。
このように倒木倒壊の危険もありますので、定期的に管理しておくことが大切です。

日頃からの管理が大切です

全国的に空き家の件数が増えていますが、それに伴って懸念されているのが様々なリスクです。
管理の仕方によっても変わりますが、危険を少しでも減らすために日頃からの管理を忘れないでください。

空き家活前の確認事項

空き家管理に悩んでいる人も多いと思います。
もし将来住む予定がないのであれば、自分に合った活用法を見つけてみるのも一つの方法です。
そして実際に活用する場合、事前に確認すべきこともあります。

安全性の確認

空き家を活用する時は、まず安全性の確認を忘れないでください。
実際の活用法として考えられるのは、「売却」、「賃貸」、「住む」などの方法です。
これらの方法を実行する前に、まず自然災害などに対する安全性をしっかり確認しておいてください。
テレビや新聞などでは、毎年たくさんの自然災害のニュースが報じられています。
大雨や台風などによる土砂崩れ、河川の氾濫、地震、火山の噴火、突風、竜巻など、多くの災害があります。
これら災害は、建物や人命などに大きな被害をもたらしているのが現状です。
そのため空き家を活用する時は、そのような自然災害のリスクがないかしっかり確認しておいてください。
もし災害が起こりやすい地域に空き家があれば、売却などの検討も必要です。

売却価格の確認

空き家の活を行う時は、事前に売却価格についても調べておきましょう。
売却値を調べ、その価格を基準にして、賃貸や住む場合との損得を比較するといいでしょう。
建物の売却価格は簡単に調べることができますので、一度確認しておくといいでしょう。
調べた方としては、インターネット上の比較サイトなどがオススメです。
また、近所の不動産会社に依頼する方法もありますので、一度相談してみるといいでしょう。
不動産会社であれば、最適な活用法をアドバイスしてくれるはずです。

活用前の確認も忘れないでください

空き家はそのまま放置していると様々なリスクが高まりますので、早めに対処する必要があります。
活用法としては、「売却」、「賃貸」、「住む」などがありますが、実際に活用する前は上記の点についての確認も忘れないでください。

空き家の現状

みなさんが住んでいる地域に空き家はありませんか?
テレビやインターネットなどのニュースでも、この空き家の問題がクローズアップされることがあります。
全国的な問題になっていますので、何かしらの対策が求められます。

空き家の現状

ここ最近、テレビや新聞、インターネット雑誌などで、空き家問題が話題になっています。
空き家は社会問題にまで発展しており、今後も増えていくことが予想されています。
日本の住宅数は6,000万戸以上あるとされており、そのうち7軒に1軒が空き家であると言われています。
実際の状況は、一戸建て、マンション、アパートなど様々であり、さらにその用途も自宅用や賃貸用などに分かれています。
そして、その中でも増加傾向が高いのが一戸建てになっています。
核家族化や少子高齢化など、昔と比べて私たちの暮らしは大きく変わってきており、それがこの空き家の増加に拍車をかけている可能性もあります。
このような建物はリスクも多いので早めの対処が急がれます。

特の何もしてない人が多いです

全国的に空き家は増えていますが、大切なのは何かしらの対策です。
建物はそのまま放置していると、火災や倒壊など様々な危険が発生する可能性があります。
そして空き家の中でも一戸建の割合が増えていますが、その所有者の、実に7割以上もの人が特に何もしていないというアンケート結果もあります。
確かに管理維持はお金の面などもあり大変ですが、周辺にも大きな影響を及ぼしますので早めに対処する必要があります。

全国的な取り組みを

空き家の数が増加することで様々なリスクが発生します。
今後も増えていくことが予想されますので、国や自治体なども何かしらの解決策を見つけることが大切です。
既に行っている自治体もあるようですが、全国的な取り組みが必要です。

空き家の売却について

空き家は火災や倒壊などのリスクもありますので、今後利用予定がなければ売却してみるのもいいでしょう。
売却価格は様々ですが、建物の機能や状態によっては高い価格での売却も期待できます。
ここでは、それぞれのタイプ別の売り方を紹介します。

一戸建ての場合

全国的に空き家の数が増えていますが、その中でも多いのがこの一戸建てです。
一戸建ての建物については、「解体しての売却」、そして「解体なしの売却」の2つの方法があります。
それぞれ特徴がありますが、買い手の立場になった場合、建物を解体して更地にして売る方が高く売れる可能性があります。
また更地の方が、その場所にどのような住宅を建築できるのか検討しやすいです。
さらに工事の着工も早くできるなどのメリットがありますが、建物解体には所有者側に費用がかかるります。
そのため費用の面が気になるのであれば、そのままの状態での売却でも構いません。
まずは一度、不動産会社などに相談してみるといいでしょう。

マンションの場合

次にマンションの売却です。
マンションは一戸建て比べて、その形状や広さ、また権利関係などが問題になります。
特に問題になるのが共有の有無の面ですが、それ以外は境界線といった面倒なトラブルもありません。
また手続き面についても一戸建てのような複雑な面もありませんので、全体的に売りやすいと言えます。
実際の売り出し価格については、不動産会社と良く相談しながら決めてください。
こちらも、まずは不動産会社などの専門機関に相談してみるといいでしょう。

売却前の確認を忘れないでください

空き家管理に悩んでいる方は、売却してみるのも一つの方法です。
建物を売却する場合、一戸建てやマンションなど、そのタイプによって注意点も異なります。
実際に売却する際は、注意点の確認も忘れないでください。

更地による土地活用

空き家を所有している人の中には、その活用法に悩まされている人もいるでしょう。
様々な活用法が考えられますが、空き家を更地にするのも一つの方法です。
更地にすればその活用法も広がります。

駐車場としての活用

空き家を更地にして活用する方法としては、まず駐車場が挙げられます。
土地活用の中で投資費用を最小限に抑える方法として、この駐車場活用に人気があります。
他の方法と比べて手軽に始められるのが、大きな理由の一つと言えます。
また、2006年の道路交通法改正も大きく影響しており、この改正では違法駐車の対策強化も図られています。
その結果、全国的に駐車場の数は増加しており、大手のパーキング会社も駐車場の大幅な増加を予定しています。
このような背景もあり、駐車場利用もオススメの方法の一つと言えます。

自動販売機の設置

空き家を更地した利用法としては、自動販売機設置もオススメです。
土地の広さにもよりますが、ある程度の広さがあれば多くの自動販売機の設置も可能です。
また、人通りや車が多い場所であれば、自動販売機の設置によって高収入を得ることもできます。
自動販売機は土地の広さや立地が大きく影響しますので、まずは清涼飲料メーカーなどの専門機関に相談してみるといいでしょう。
清涼飲料メーカー以外にも、土地活用を専門に取り扱っている不動産会社であれば、最適なアドバイスをしてくれるかもしれません。
高収入を得られるよう、事前の対策をしっかり行うことが大切です。

利用用途が広がります

空き家管理に悩んでいる方は、思い切って更地にしてみるのも一つの方法です。
更地にすれば利用用途も広がりますので、検討してみるのもいいでしょう。
また不明な点は、土地活用を専門に取り扱っている不動産会社などに相談してみてください。