空き家の現状

みなさんが住んでいる地域に空き家はありませんか?
テレビやインターネットなどのニュースでも、この空き家の問題がクローズアップされることがあります。
全国的な問題になっていますので、何かしらの対策が求められます。

空き家の現状

ここ最近、テレビや新聞、インターネット雑誌などで、空き家問題が話題になっています。
空き家は社会問題にまで発展しており、今後も増えていくことが予想されています。
日本の住宅数は6,000万戸以上あるとされており、そのうち7軒に1軒が空き家であると言われています。
実際の状況は、一戸建て、マンション、アパートなど様々であり、さらにその用途も自宅用や賃貸用などに分かれています。
そして、その中でも増加傾向が高いのが一戸建てになっています。
核家族化や少子高齢化など、昔と比べて私たちの暮らしは大きく変わってきており、それがこの空き家の増加に拍車をかけている可能性もあります。
このような建物はリスクも多いので早めの対処が急がれます。

特の何もしてない人が多いです

全国的に空き家は増えていますが、大切なのは何かしらの対策です。
建物はそのまま放置していると、火災や倒壊など様々な危険が発生する可能性があります。
そして空き家の中でも一戸建の割合が増えていますが、その所有者の、実に7割以上もの人が特に何もしていないというアンケート結果もあります。
確かに管理維持はお金の面などもあり大変ですが、周辺にも大きな影響を及ぼしますので早めに対処する必要があります。

全国的な取り組みを

空き家の数が増加することで様々なリスクが発生します。
今後も増えていくことが予想されますので、国や自治体なども何かしらの解決策を見つけることが大切です。
既に行っている自治体もあるようですが、全国的な取り組みが必要です。

関連する記事