空き家の売却について

空き家は火災や倒壊などのリスクもありますので、今後利用予定がなければ売却してみるのもいいでしょう。
売却価格は様々ですが、建物の機能や状態によっては高い価格での売却も期待できます。
ここでは、それぞれのタイプ別の売り方を紹介します。

一戸建ての場合

全国的に空き家の数が増えていますが、その中でも多いのがこの一戸建てです。
一戸建ての建物については、「解体しての売却」、そして「解体なしの売却」の2つの方法があります。
それぞれ特徴がありますが、買い手の立場になった場合、建物を解体して更地にして売る方が高く売れる可能性があります。
また更地の方が、その場所にどのような住宅を建築できるのか検討しやすいです。
さらに工事の着工も早くできるなどのメリットがありますが、建物解体には所有者側に費用がかかるります。
そのため費用の面が気になるのであれば、そのままの状態での売却でも構いません。
まずは一度、不動産会社などに相談してみるといいでしょう。

マンションの場合

次にマンションの売却です。
マンションは一戸建て比べて、その形状や広さ、また権利関係などが問題になります。
特に問題になるのが共有の有無の面ですが、それ以外は境界線といった面倒なトラブルもありません。
また手続き面についても一戸建てのような複雑な面もありませんので、全体的に売りやすいと言えます。
実際の売り出し価格については、不動産会社と良く相談しながら決めてください。
こちらも、まずは不動産会社などの専門機関に相談してみるといいでしょう。

売却前の確認を忘れないでください

空き家管理に悩んでいる方は、売却してみるのも一つの方法です。
建物を売却する場合、一戸建てやマンションなど、そのタイプによって注意点も異なります。
実際に売却する際は、注意点の確認も忘れないでください。

関連する記事