空き家テレビや新聞のニュースなどでよく話題になっているのが空き家問題です。
みなさんの周りにも、そのような空き家を見かけることが多いのではないかと思います。
これら空き家管理には様々な費用がかかりますので、きちんと理解しておく必要があります。

固定資産税

空き家を管理する時は様々な費用がかかりますが、多くの人たちがイメージするのが固定資産税ではないでしょうか。
固定資産税は、たとえ建物に人が住んでいなくても発生しますので注意する必要があります。
この税金は、建物の状態やその地域によって実際に納める額は変わってきます。
固定資産税というのは、土地や建物が所在している所有者に市区町村が課す税金のことであり、市区町村が既定の不動産の固定資産税評価額を元にして算出します。
実際にかかる税率はそれぞれの自治体により異なりますが、一般的には1.4%が目安になります。
例えば1,000万円の評価額のある建物を所有している方は、毎年 14万円の税金を納めることになります。
建物に対する固定資産評価額はそれぞれの自治体が決定し、建物の経過年数によって増減します。
また土地が住宅用の土地であり、その広さが200?以下である場合、固定資産税評価額は1/6の優遇措置が設定されています。
空き家を管理している方にはこのような固定資産税がかかりますので、納税額を確認しておくといいでしょう。

都市計画税

空き家の維持費用としては、この都市計画税も忘れてはいけません。
都市計画税というのは都市計画法に基づき、市街化区域に所在している土地や建物に対して課される税金のことです。
ここでいう市街化区域は、各自治体が規定している都市計画によって指定される地域で、既に市街が形成された場所に当たります。
または、将来的に市街化になる地域も含まれます。
空き家が都市計画区域に該当するのかどうかは、その建物が所在している市区町村に問い合わせてみるといいでしょう。
固定資産税と同じようにこの都市計画税の税率についても、それぞれの自治体によって異なります。
一般的には0.3%ですので、上記の1,000の例でいうと 3万円が課されることになります。
なおこちらは、土地が住宅用の土地で200?以下であれば、固定資産税評価額が1/3になる優遇措置が設定されています。
空き家の所在地が都市計画区域に該当する場合は、都市計画税の用意もしておく必要があります。

火災保険

火災空き家管理にかかる費用としては火災保険も挙げられます。
火災保険は任意保険ですので、保険に入っていない方にはかかりません。
この火災保険の費用にいいては、それぞれの保険会社によって異なりますので、不明な場合は確認しておいてください。
保障内容や契約期間、また立地や建物構造、築年数などで大きく変わりますが、1年間に数万円〜数十万円程度の保険料が目安になります。

修繕費用

空き家の維持管理には、この修繕費も大きな負担になります。
建物は放置しておくと劣化がさらに進みますので、定期的なメンテナンスが求められます。
建物が老朽化してくると多くの不具合が生じしてきますので、一度確認しておくといいでしょう。
不具合で最も多いのが雨漏りであり、その他にも、瓦の浮きやズレ、建材の腐朽、壁材破損、外壁の汚れ破損などがあります。
また、ブロックフェンスにどの劣化にも注意しましょう。

建物の維持管理にかかる費用の確認を

最近話題になっている空き家問題、この建物を維持管理するには多くの費用がかかります。
例えば、建物の構造、広さ、築年数になどによって税金も変わってきますので、しっかり確認しておいてください。

空き家の管理プラン見直してみませんか?

空き家管理費用比較君
空き家管理をするなら、
空き家管理費用比較君(http://www.akiyakanri-hikaku.com/)
やむを得ない事情で持っているお家が空き家になってしまう…そんなときは空き家管理費用比較君にお任せ!様々なサービスを行っています。